高石市で不動産の売買をお考えなら住まいから土地まで幅広く扱う業者にご相談ください

お問い合わせはこちら

売却査定

ASSESSMENT

あなたは不動産の売り方でこんな間違いをしていませんか?

〇とりあえず一括査定サイトに申し込んでみる。


申し込むと多数の不動産会社から一斉に連絡が入ります。

 

メールでで対応を希望と伝えたのにいきなり電話がかかってくる。

 

ひどい場合には突然家に勝手にやって来るなど。。。( ゚Д゚)

 

 

〇なぜそうなるのか?

 


不動産業者も必死なんです、なぜならその問い合わせ一件

 

に数万円が課金され査定サイトから請求されます。それが月に何十件ともなれ

 

ば金額はすごいことになります。

 

なのでプライバシーもかえりみず上司に命令された営業マンたちがやってきて

 

意地でも売却の契約を取ろうとします。

 

(もちろん、そんな不動産業者ばかりではありません)

 

そしてほとんどの場合、他社より高い金額を提示しようとします。

 

 

「他に何社くるんですか?当社が最後にお話を聞かせて下さい」

 

 

で、「当社なら○○万円で売りますよ(他社より高めの金額)」

 

 

と言われたら、、、、さらにそれが誰もが知るような大手不動産会社の

 

営業マンの言葉だったら、、、、(そんなに高くで売ってくれるなら、、)

 

て、思っちゃいますよね(;^ω^) 完全に相場から外れているのに。

 

相場より高く売り出された物件はずっと売れずに残ります。

 

そこからはお決まりのパターンです。

 

 

「なかなか反響もないので価格下げましょう」
         ↓
       まだ売れない
         ↓
「もうちょっと下げれば売れますよ」

 

 

そこで初めて気付きます。(任す人を間違えたかも、、、)

 

気付いた時には既に半年、1年と時間がたってしまっている。。。

間違ってしまった人たちの声

当社に突然訪れたAさん


Aさん 「今、自宅を売りに出してるんですよ○○にある戸建なんですけどね」

 

私   「ああ、知ってますよ○○不動産さんから出してらっしゃるお家ですね」

 

Aさん 「そうなんですよ、値段下げようと言われて下げたんですけどまったく

     売れる気配もなくて、、、」

 

私   「そうなんですね、ご相談ならお話を聞かせてもらいますよ」

 

Aさん  「いや、とりあえずまだ○○不動産との契約期間も残ってますので。。。」

 

      と、おっしゃってすぐに帰っていきました。

 

 

      それから1か月ほどして会社に電話が。

 

 

Aさん   「以前お伺いしたものなんですが一度聞いてもらえませんか?」

 

 

そして物件を見ながらお話させていただきました。

 

 

まずは明らかに価格がずれていること。

 

すぐ近所でもっと低い金額で新築戸建の売買事例があること。

 

 

それとこの物件の強みを活かしてアプローチするのはどんなターゲット層なのかをお話させていただき販売をお任せ頂きました。

 

 

その2週間後には売買契約、その2週間後には買主様にお引渡しとなりました。

 

 

「初めから任せてたらよかったわ、○○不動産さんは絶対○○万円で売れますよーて言ってたから任せたのに」とおっしゃってましたが。

 

 

でもキツイ言い方ですが最初に大手の不動産屋さんの言葉に乗ってしまったのは他ならぬAさんなのです。

 

だれに任すかは絶対に「人」で判断してください。

 

 


Bさんの場合

 

ある日会社に1通のメールが届きました。

 

 

「売却を検討している、過去に何件か売却をした事がある(相続した物件)対応はメールでお願いします」

 

 

とりあえずメールで詳細をお聞きするやり取りをしました。

 

その後すぐにお電話があり少しお話を聞かせて頂き翌日訪問することに。

 

ご自宅でお話を聞いてみると売却査定サイトにも申し込んでおり全部で7社に依頼をしたとの事( ゚Д゚)

 

しかしBさんはご家族に何も相談してないらしくその日がお家に自分一人しか

 

いない日だったので私をお家に呼んでくれたみたいです。

 

 

「メールでってお願いしたのにいきなり電話かけてきた会社が何社もあってたまたま家にだれもいなかったから良かったけど、、、」

 

 

「そんなこともあるから査定依頼は慎重にしてほしいんですよね」

 

 

そこから以前売却を任せた時の大変だったお話をたくさんお聞きしました。

 

 

Bさんは手元に資金がなくお家を売却して手元にお金が欲しい。

 

 

このお家は最後の財産(内容を全部記載するのはちょっとアレなので)

 

 

結論!「売らない方がいいと思いますよ。ご家族とちゃんと相談して

    それでもどうしても売りたいならご連絡ください。」

 

 

と言って帰ってきました。

 

 

そして次の日早速お電話がありました。

 

 

Bさん「相談したら大反対された、、でも話できて良かった」

 

 

私  「でしょ(笑)そうなりますよ、いつか本当に売らなくてはいけなくなった

    時はまた相談してください、その時はしっかりお手伝いしますので」

 

 

Bさんの場合はそもそも売却するべきではなかった、なのに一括査定に

 

申し込み多数の不動産会社に依頼する結果になってしまった。

 

過去に何度も売却の依頼で失敗を経験しているのにまた入り口のところで

 

 

間違ってしまった。売却の依頼は本当に慎重に「人」を見てください。

私に45分ください。そうすればあなたの不動産がなぜ売却できるかを証明して見せます。

正直なところ不動産には人気のエリアであったり立地条件の違いはあります。

 

だから、「これはすぐに売れる物件だ」「なかなか売れない物件だ」

 

と思いがちなんですがそんなことはありません。

 

簡単なことです、売り方が間違っているんです。

 

人気のエリアの物件も売り方を間違えればうれませんし、

 

人気のエリアではない物件も売り方を間違わなければ売れます。

 

売れない不動産なんて無いんです。

 

路線価がいくらだから、南向きで+、北向きで-、とか机上の立派な

 

査定書なんて必要ありませんし、保証もありません。

 

物件を見せて頂きながら45分お話できれば充分なんです。

 

それで納得いかなければ一括査定サイトを試すのも良いかもしれません。

 

まずはお名前とメールアドレスとお悩みの内容だけでも結構です。

 

その後のやりとりでご理解頂ければお会いさせてください。
 

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

相談内容
種別
その他種別
物件所在地
築年月
購入金額
現況
その他
お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
現住所